スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベイビー、正直者はバカを見るんじゃなくて、自由を見るんだぜ^^

IMG_0089-20120123.jpg



最近、自分でも気にいっている言葉。

それは、


”ベイビー、正直者はバカを見るんじゃなくて、

自由を見るんだぜ^^”





どういう意味かというと、

そのまま(笑)



正直に、自分の心に正直に生きると、その人にはいつしか自由が見えるだろう。

と、いう意味。



生きてるとさ。

この現代社会で生きているとさ。

どうしても、自分の心に正直に生きるのが難しくなるじゃない。

どうしてもさ。

社会性とかさ、常識とかさ、プライドとかさ、面子だとかさ。



でも、それでも。

その目に見えないバリアーみたいなのを破って、

自分の心の思ったことを正直に実行に写した人っているんだよね。

実は、たくさん^^


そして、楽しそうに生きている人のほとんどが、その正直な心ってやつを持っているんだよね。



起業する人もそうだし、職人になる人もそうだし、アーティストになる人もそうだし、

みんな、自分のなかに、きっちりと、これは好き、これは嫌いってのがあって、

嫌いなことは徹底的にやらないんだよね。

正直に、わたしはこれは嫌いだからやりません。

と言うんだよね。

ひょー、かーーっこいいーーーー^^





僕も、そんな正直者の、おそらく一人だと思うんだけど、

僕の場合、20代の会社員のとき、シンプルにこう思ったんだよね。

あ、これ、無理だな。

どうやって、あがいても、他の人みたいに会社員できないな。

どうやっても、あの、上司とか、あのむかつく取引先の野郎どものこと、

好きになれんな。

要は、自分は、社会不適合者だな(笑)



もうね、ズガーン!!!と思ったね。

そして、ズガーン!!!と自分の額に社会不適合という焼印を押された気がした(笑)

じゅーーーーー。




でも、ここで大事なことが起こるんだけど、

その時、僕は別にそれでもいいじゃん。と思ったんだよね。


そして、正直に、はい、あたくしめは、惨めな社会不適合者でございます、落ちこぼれでございます、ドロップアウターでございます、あなたたちエリートから見ればゴミでございます。。。ええ、ええ。。そうで、ございますとも、げひひ、げひひ。

っていう感じで、正直に、その時の自分を認めたんだよね。

当然、会社なんかも辞めちゃってさ。

しかも、結婚して2ヶ月後にやめちゃってさ。

お嫁さん、絶望(笑)



でもさ、そしたらさ、そこから、なんか、びっくりするくらい、生きるのが楽になって^^

そして、どうせ、自分なんかたいしたことないんだから、

好きなこと、やろーーーっとっていう感じで、好きなものだけに集中して生きてたら、

今みたいな感じで、けっして裕福じゃないけど、家族が出来て、仕事もできて、自由になった。



でもさ、

もし、あの時、額に社会不適合者の焼印をジューっと押された時、

違います!!!神様!!!!これは何かの間違いです!!!

僕は決して、そのようなものではございません!!!

わたしは、できる男です!!!みなと同じ、できる男です!!

見捨てないでください!

見放さないでください!

なんでも!!なんでも!!!言うことを聞きますから、どうか!!!

わたくしめを見捨てないでーーーー、ひいいいいいいいいいいーーーー

という感じだったならば、



今頃、僕、たぶん死んでると思うんだよね。

肉体は死んでなくても、心は絶対に死んだと思う。

うん。きっと。。。






そんなこんなだから、僕は堂々とこう言うのさ。



ベイビー、正直者はバカを見るんじゃなくて、自由を見るんだぜ^^







だから、君も笑いながら後に続け。




※決して、やめろ、やめろ、会社やめろっていう意味で言ってんじゃないので誤解しないでね。あくまで自分の心に正直に生きてねって言ってるので、くれぐれも誤解しないでね^^







世界中の正直者たちよ、いつか、きっと友達になろう。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

人はいつでも、体で思い知らされるのさ。ガス・バン・サント『ドラッグストアカウボーイ』

IMG_0076-20111118.jpg


ブルータスの映画と人生特集を読む。

くだらなく、どうでもいい雑誌ばかりの世の中で、

ブルータスだけは、何かこう、雑誌魂というか、そういう何かがあるよなあ・・・

と、思わず、買ってしまうことが多い。

ブルータス!!商売上手!!!(笑)


あと、なにげにSPA!も買ってしまう。

グラビアン魂のエロの絶妙な度合いが好き^^


IMG_0067-20111118.jpg




ガス・バン・サント『ドラッグストアカウボーイ』のページがとみによかった。



人はいつでも、体で思い知らされるのさ。



と、かつての手下に銃で撃たれ、生死をさまよう主人公ボブがいうセリフ。

その通りだな。

まさに、その通りだな。

と、今でも深く思うのです。




それにしても、ガスバンサント ゲイだったのか!

そうか!

そうだったのか!

みょうに納得。



ちなみに、今日、映画館で、カウボーイ&エイリアンという作品を見てきましたが、

うーん。

やっぱり、素直にマネーボールにしたほうがよかったか^^


もしくは、超マゾヒスティックに、怪物くん。

これは、まだ公開されていないが^^






ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングへ
← へい、そこのレディース&ジェントルメン! FSLの読者増やしたいから、ちょっとこれ、押してみてくれません? いや、というか、押せ(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ああ、マネーの虎、諸行無常。。。

IMG_00-20111114.jpg


なんか、呼ばれるものがあって、

懐かしのテレビ番組、マネーの虎を、ユーチューブで再見する。

そして、あることに気付く。



申込者たちは、みんな、けちょんけちょんに虎たちに全否定されているけど、

今、改めて考えると、番組に、借金を申し込みにきた人々は、

みんな正確に今の時代を予見してるじゃーないかかかか!!!!



なんか番組では、申し込みに来た人々の多くを、

社会的にダメでろくでもないやつ、みたいな感じで扱っているけど、

じつは、驚くことに、彼ら、彼女らは、

今では、当たり前の光景になったビジネスの原点みたいなことを口にしてる。


例えば、セルフスタイルの、さぬきうどんをやりたい。

例えば、ペットの癒し産業、をやりたい。

例えば、ひきこもりの子たちのために、インターネットスクール、をやりたい。

その他にも、かなりの確率で、今の時代を予見している。



それに引き換え、いわゆるバブルの残党である虎たちは、愚かだ。

申込者たちの、その先見性をまったく見抜くこともなく、

ただ、礼儀がなっていないとか、

事業計画書の書き方がなってないとか、

そんなの絶対、儲からねー、とか、

きわめつけは、話し方がキモイ、嫌いといった、

あんた、人間として大丈夫か?

みたいな応対しかしない。



そして、最大の驚くべきポイントは、

その時の多くの、虎たちが今となっては事業に失敗し、自己破産をしているらしいということだ。

そして、否定されバカにされた申込者の多くはマイペースに自分の事業を展開し、

成功している人が多いそうだ。

なんじゃそりゃ?(笑)




とにもかくにも、改めてマネーの虎を見て思ったのさ。

僕も含めて、人間なんて浅はかなものだなあ、と。


そして、やっぱり未来がどうなるかなんて、誰にもわからないものなのだなあ!と。



そして、改めて、今、目の前に見えているものだけで、人を、判断なんかしちゃいけないんだ!

と、凄く反省させられるよ。ほんと。

とりあえず、この、さぬきうどん編から見るといいと思う。







この人のうどん屋さん、今では成功しているらしくて、良かったねえ、

マネーの虎なんかに、借金せずに、本当に良かったねえ、と思う。

借金っていうのは、自分の自由を相手に売るということだからね。

一種、奴隷になると言っても過言じゃない。

一度、やってしまったら一生、その上下関係はかわらないんだ。

だから、くれぐれも、借金をして事業なんかしないほうがいいですよーーーー、

と、僕はいつも思うのさーーー。








ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングへ
← へい、そこのレディース&ジェントルメン! FSLの読者増やしたいから、ちょっとこれ、押してみてくれません? いや、というか、押せ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

電車マトリックスハッピーレボリューション

IMG_0084-20111108.jpg


電車って色んな人乗ってて面白いよね。

でも、そんな風に思えるようになったのは最近。

前、かなり前、思春期の頃は電車、怖くて乗れなかった。

大勢の知らない人と閉鎖された空間に閉じ込められるっていうのが、どうにも。

自意識過剰の極地なんだけど、みんなが自分を見ている気がして。

それで、どうにもどうしてればいいのかわからなくて、

ただ、ただ、一人で緊迫してた。



それで、そんな自分も嫌だなあ。

なんとかしたいなあと思って、色々したのを覚えてる。

要は知らない人が大勢、乗っているというのが怖いわけだから、

そこに誰もいないと思い込めばいいのではなかろか?

と、あたかも自分の部屋でテレビでも見ているかのように、電車の床で寝てみたり、

ヘッドホンで音漏れなんていうレベルじゃない大音量で、踊ってみたり、

もう、めっちゃくちゃなんだけど、タバコ吸ってみたり、ウィスキー飲んでみたり、

ようは、狂ってた(笑)


それで、”狂気だ!!狂気こそが真実なんだ!!!”

とか、よく口走ってた。

すげーな、俺(笑)

そりゃ、友達いないよ(笑)


IMG_0085-20111108.jpg


でも、まあ、そんな電車なんだけど、

昨日は人身事故で帰りの電車が止まった。

そして、目の前の若い勤め人が、チって舌打ちした。

なんか、いかにもIT系って感じで、かっこいいスーツ、高そうなベルト、

ちょっと茶色い髪、ぶん殴ってやりたくなるような、キザなメガネ。


僕もサラリーマンの時、同じことしたことある。

大事な打ち合わせにむかう途中で、電車止まった。

腕時計見ながら、なんて迷惑な奴なんだ、電車なんかに飛び込んで死ぬんじゃねえよ、

って思った。

そして、はっと気がついた。

あ、俺、狂ってる。




どこかの誰かが悲しみや苦しみでどうにもならなくなって、

死んでいるというのに、そんなことまったく想像せず、

たいして重要じゃない打ち合わせのことなんかを心配している。

打ち合わせなんかさ、結局は、クライアントに、この、キャンギャルいいですよ、紹介しましょか?

とかさ、今度、いきますか!ゴルフ!

みたいなさ、クソみたいな内容なんだよ。



それで、結論として、その瞬間をきっかけとして、僕はこの社会からドロップアウトすることに決めた。

というより、もう、やっていけないだろうなとシンプルに思った。


いうなれば、マトリックスのキアヌリーブス、ネロみたいなもんだよ。

はっ!!!この世界の真実に、気がついてしまった!!

みたいな。



だから、みんな、これからは僕のことを、ネロと呼べ(笑)






ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングへ
← へい、そこのレディース&ジェントルメン! FSLの読者増やしたいから、ちょっとこれ、押してみてくれません? いや、というか、押せ(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社をクビになった男の話

IMG_0066-20111107.jpg


皆さんは、会社をクビになるといった事象を引き起こしたことがあるだろうか?

僕はある。

なんと、3度もある。

今日はいい機会なので、その時の状況を思い出してみようと思う。



まず、一度目。

これは、僕が最初に就職した会社だ。

大学を出て、何をするわけでもなくプーになり、なんとかなるだろう、おそらくプロミュージシャンになれるであろう、

と思っていたものの、まったくなんともならず、完全に負け犬状態で入った会社。※それでも、入れた時は命びろいしたと思って嬉しかった。

が、嬉しいのは、最初の一ヶ月だけ。一ヶ月を過ぎたのちは、会社というものの理不尽さ、悲しさ、哀れさ、みたいなものを、

まざまざと突きつけられ、


”上司さんよ、こんな朝から晩まで働いて、会社帰りに酒の一杯も飲めないなんて、こんな人生、狂ってるよ。”


みたいなことを、涙ながらに正直に上司に直訴。

そしたら、じゃあ、クビだ。今すぐ辞めろ、とクビになった(笑)

上司はあきれて半分、笑ってた(笑)




2度目はこんな感じだ。


その後、うーむ、クビになったものの生きていかなあかんしなあ、と放浪しているなか、ある、ちょっと大きめの広告代理店に入社することが出来た。

この時は、一刻も早く、正社員のポジションが欲しく、そのためには芥川龍之介の羅生門の下人のごとく、生きるのだ!!他人を蹴落としてでも生きるのだ!!というようなフィーリングだったため、


面接時にあれやこれや、出来もしないことを壮大にプレゼンテーション、結果、そのプレゼンが絶大な評価で、入社完了。

が、もともと、全部、ハリボテの嘘っぱちのプレゼンだったため、入社後、あいつはまったく仕事が出来ないということがばれ、

ここまでか、ここまで、会社というのは辛いところか!!と思いながら過ごし、一年後、上司から呼び出し、

ダメだ、やっぱりお前、クビ、と無事、クビ。

しかしまあ、ここでの経験はなかなか有意義ではあった。

壮大な架空のプレゼンをかまし、入社というハードルを軽々と飛び越えた自分の生き様は高く評価できる(笑)




3度目はこんな感じさ。

うーん、自分は優秀なサラリーマンになれるはずなんだが、どうしてこうも、放逐されるのであろう?

と考えた僕は、


よし!ここは、もう、自分の意志とか全部捨てちゃおう!!会社のいいなりになっちゃおう!!魂なんか捨てちゃおう!!



と自らにマインドコントロールをかけて就職活動。

したら、ほんと、なんじゃそりゃっていうくらい、でかい有名な広告代理店の末端に入社完了。

冷静に考えると僕は、入社に関しては天才かも知れない。入社に関してだけは(笑)

しかし、ここが、もう、史上最大の地獄の職場。

広告代理店のフロントライン。鬼軍曹のような輩がうようよいて、めちゃめちゃに無理難題の日々。

まったく仕事ができないのに、突然、ある有名JリーグのチームのPR担当になったりして、

何億とかそんな、わけのわからない金額の数字と戦いはじめる。


俺の給料は25万くらいなのに、なんで、何億もの仕事をしなくちゃいけないんだ!!おかしいだろ!!(笑)


そしてついに、ダメだ。この業界は、上に行けば行くほど地獄なのだ、ということをやっと知る(笑)



そして、同時にそのあまりのハードさに、見事にマインドコントロールもとけ、

ああ、もう、ダメだ。さぼろう。

死ぬるほどに会社というやつを、さぼってやろうと画策。



その結果、まったく残業せずに生きる、伝説の、自分には訳ありの兄貴の子供がいる作戦や、

スマッシュヒットを飛ばした、午前中ルノアール逃避オペレーション、

ベストセラーとなった、部長!!今日は直行直帰です!!

など、ありとあらゆる作品をこの世に生み出し、無事、クビに。



しかし、まあ、

そんなでも生きていけるんだから、人生はなかなかに味わい深いのだよ。ブラザーアンドシスター(笑)





今は幸せです。あい。

よかった、クビになって(笑)








ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングへ
← へい、そこのレディース&ジェントルメン! FSLの読者増やしたいから、ちょっとこれ、押してみてくれません? いや、というか、押せ(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Pagination

Utility

プロフィール

MIZUHO1971

FSLブログを更新したぜ!というメールを日々、強引に送りつけるので、誰もかれも闇雲にメールを登録しておこう!!^^

提供:PINGOO!

Author:MIZUHO1971
フリースタイルライフ02(FSL02) ブログ

今日も元気にフリースタイルライフ。おもしろきこともなき世を面白く。

from 編集長MIZUHO
           ⇒ プロフィール

FSL02 WEB : http://www.freestyle-life.net/

FSL02公式ツイッター

興味があればフォローしよう!!
興味がなくてもフォローしよう!笑

FSLにはげましのメールを送ろう!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。