スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

友だちはいらない  おとなのひとにいってほしかった24のこと ヨゼフ・パイオン

IMG_0072-20120208+.jpg


”友だちはいらない”




どうだい、この見事なまでの、アナーキーな言葉(笑)

胸がすっとするぜ(笑)



この言葉に惹かれて、この言葉が掲載されている、

”おとなのひとにいってほしかった24のこと”by ヨゼフ・パイオン

という本を買ってみた。




IMG_0072-20120208.jpg

なかなかいい。

なかなかいいぞ!!(笑)


中をめくると、



・世界は自分を中心にまわってはいない

・よいことなんていつまでも続かない

・生きていることなんかには意味はない

・マイペースでやってはいけない

・自分のことは考えるな






など、刺激的な言葉でいっぱい^^


でも、そのなかでも、やっぱり一番好きなのは、やっぱり、



”友だちはいらない”




だなあ。


いや、もちろん、友だちはいると楽しいし、

僕にも多くの、友だちがいて、みんな大切なわけなんだけど、


それでも、なぜか、不思議と、この、友だちはいらない、という言葉が沁みるんだよなあ。


なんでかなあ。不思議^^


きっと、その、言い切ってしまう、孤高な強さが好きなんだろうな。

誰にも頼るなという、いわば、ハードボイルド。






しかし、

友だち最高!!!!

仲間最高!!!!

と、イナズマGOの遠藤監督が叫んでいるシーン

を見ているマイサン8歳に、



おい、いい本買ってきたぞ!

いいか、ともだちはいらない、

明日より、ともだちはつくるな!!!

と、この本を読んでやったら、



父ちゃん、何だよ、それ。。。


と、白目むいていたんだけれども(笑)







とにかく、一貫して、

夢とか希望とか、そういう幻想、いわば詐欺的な言葉のトリックだね、

そういうのを、一切、排除して、



いいか!!全世界の子供たちよ!!!



この世界は基本的にろくなもんじゃねえ。

お前なんか、いようといまいと世界はかわりゃしないし、

お前なんか、完全なる脇役だ。

きっと、いいことなんかねーだろうし、

ろくな大人になりゃしないだろう。


しかし、しかしだ!!!

ここからが大事だぞ。

そんな世界ではあるが、ひとつだけ手はある。

それは、努力することだ。

僕はここにいます!と、臆することなく、手をあげることだ。


そうすれば、こんなろくでもない世界だが、

お前だけは幸せになれるかも知れん。



どうだ、世界中の子供たちよ、

いっちょ、賭けてみるか!!!!???






というメッセージには共感します。

はい^^




早く、うちのマイサンにもいわなきゃ!




>>君の自由を加速させるための FSLブック・音楽・映画レビューTOPへ







スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画 127時間

20120206-2.jpg




映画127時間を見た。

http://movies2.foxjapan.com/127hours/



前から見たい見たいと思っていたんだけど、

おそらく、そうなるしか方法はないであろう、というストーリーの結末が、

どうしても怖くて、劇場には足を運べなかった。



でも、そんなことじゃ、ダメ!!

あんちゃん、勇気を出して!!!

と、一つ屋根の下、小雪に言われた気がして、

そうか!!そこに愛はあるのかい!!??

と、マイサン8才とツタヤに行き、借りてきて、

おりゃーーー!!っと、すぐに見たかったんだけど、

同時にマイサンが借りた、イナズマGO 天馬ついに化身を出す!の回を、

二人でキャーキャーいいながらの後に見た^^



20120206-1.jpg



気絶しそうになった。

その映画のあまりの、ハイクオリティぶりに、おしっこ漏らしそうになった。


ストーリーは簡単。

山遊びが好きな兄ちゃんが、つるっと足すべらせて、谷底に落ちて、

石がガーンと落ちてきて手をはさまれて、出れなくなっちゃったよーー。

という話。


携帯電話も忘れ、行く先も誰にも告げずに来ちゃったもんだから、

そらもう悲惨。

水がなくなって、自分のおしっことかを飲んで何日も何日も石をどけようとするけど、

何をやろうと手は抜けやしない。


衰弱してゆくなか、思い出すのは家族との楽しかった日々、子供の頃のこと、ガールフレンドのこと、そして自分のこと・・・

ついには正気を保てなくなり、あきらめかけたその時、最後の気力を振り絞り、手にしたものは、登山用の簡易ナイフ。。。

安物でひどく、切れ味の悪いちっぽけなナイフ。。。


20120206-3.jpg





主人公アーロンは生と死のはざまで、ある真理に思いを達する。


”この岩は、俺が来るのを待っていた。

ずっと、宇宙の、隕石のときから、

何十億年も前から、宇宙で待っていた。

落下するのを。ちょうどこの場所へ。

俺の人生は、生まれて以来、毎日のあらゆる行動が、全て、ここへとつながっていた。

そう、この、大地の裂け目へと。 ”





全ては決められていた。

今まで、自身に起こった全ての苦難も、悲しみも、絶望も、なにもかもも。






アーロンは、絶望的な状況に陥り、はじめて、自分が今まで、いかに幸福であったかを知る。

毎日のなにげないこと、当たり前の風景。

それらがなんて愛しいかけがえのないものであったかを、死の恐怖をまぎわにして、知る。

そして今まで、いかに自分が、心を閉ざし、他人を傷つけてきたかを絶叫しながら知る。


知る。

知る。

知る。





この、”知る”ということを知るための、映画なんだと思います。たぶん。





僕はちゃんと、知っているだろうか。

そして、僕に、アーロンのような、勇気はあるのだろうか。




そんなナイフを突きつけられるような一本でした。





>>君の自由を加速させるための FSLブック・音楽・映画レビューTOPへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で金を稼ぐということは、自由を手にいれるということなのだ!!! by この世で一番大事なカネの話 西原理恵子

IMG_0588-20120202.jpg
基本、僕は金がなくても夢があれば大丈夫、愛があれば大丈夫!!

という人間を好きになれない。



金がないと死ぬ。

金がないと不幸になる。




残念だけどこれは事実だと思う。

僕は子供の頃、母子家庭で、

うううう、うううううううう、ま、貧しい。。。このままでは、し、死んでしまう。。。。

というところを、あるお金持ちに助けられ、あげくの果てにはその人に、

大学まで出してもらったんだから、

なおさら、そう思う。

※しかし、その人自体とは仲が悪く、たいそう不義理をした。



そんなこんなで、

金、最高!!!!

I LOVE MONEY!!!!(笑)

という、銭ゲバな僕なんだけど、



とにかく、金は人生に必要!!ということは確かだと思う。

それを踏まえたうえで、夢も愛も、そして自由をも大切にして生きるもののことを、

僕は大人と呼ぶことにしているんだけど、そこで大事なのが、

決して、金の奴隷になるわけでなく、

正確に金の効用と機能を理解したうえで、

金と夢と愛と自由とのバランスをしっかり取りながら生きてゆくということ。


これが大事だよねMANブラザーズバンド。




とか、なんとか言いながら、

僕はまったく持って金と夢と愛と自由とのバランスをしっかり取れていない、

社会不適合者なんですが^^

西原理恵子著の、この世で一番大事なカネの話


20120202.jpg



この、本、とても良いです。

文中に出てくる、



自分で金を稼ぐということは、

自由を手にいれるということだった。





とフレーズに、そうだ、そのとおりだ、そうなのだ!!!

と気持ちが、あがります。


働こう!!!

どうどうとお金を稼ごう!!!

一生懸命、お金を稼ごう!!!

と思わせてくれる一冊。



これからの時代、子供にも僕はいい本だと思うなあ。






※でも、だからと言って、めたらやったら何も考えずに働けばいいっていうもんでもないよね。

あくまで、正しい働きかたで。

正しい働き方っていうのは、人を自由にし、

間違った働き方っていうのは、逆に人を不自由にすると思うんだ。


でも、そうすると、

何が正しい、何が正しくないって誰が決めるの?っていう話にもなるけど、

その点はまた後日、述べてみます。





震えて待て!!!!!!^^











このエントリーをはてなブックマークに追加

キーチ!!に、おしっこもらしそうなほど痺れる今日、この頃。

IMG_0134-20120119.jpg



怒っている。

顔は笑っているが、僕は、心の底では、今のこの世界に爆発的な怒りがある。

クソばかりだと思う。

ああ、ひどいもんさ。


きっと、みんなもそうだろう?

あんまりにも、クソすぎて、力なく笑ってる。

きっと、そういうことなんだろう?



そんな僕と同じような日々を送る人々におすすめするのが、この本。


”キーチ!!”

そして、

”キーチVS!!”



IMG_0090-20120119.jpg



なんていう漫画なんだと思う。

なんて凄い漫画なんだと、素直に思う。


幼くして両親を通り魔に殺され、幼くして、天涯孤独のホームレスとなった主人公、染谷輝一。

彼の目に映る現実社会は、あまりにも。。。


キーチは言う。


ひとり、すごい。

ひとり、大事。



そして、


真っ当であれ!!!

正しくあれ!!!

なんら、照れることなく!!!!





大人になると誰しも、

世の中はこんなものだと思う。

自分には何もできないと思う。

そして、無垢なる怒りをもつものことを、バカにする。



果たして本当にそれでいいのか?

という気持ちに、キーチは、させてくれる。





キーチ!!は小学生編。

キーチVS!!は大人編。



個人的には小学生編、特に後半がおすすめ。

小学生にして国家、周りの全ての大人に敢然と牙をむく、キーチの姿に、

体、問答無用に、震えます。








VSのほうは、大人になったキーチがこの世界に革命を起こす話なんだけど、まだ連載中。

さて、これから、どうなるのか。





理不尽な風が、嵐のように吹きつける、最近の日本だからこそ、

是非、読んでもらいたい一冊。




はんぱじゃない^^






このエントリーをはてなブックマークに追加

Pagination

Utility

プロフィール

MIZUHO1971

FSLブログを更新したぜ!というメールを日々、強引に送りつけるので、誰もかれも闇雲にメールを登録しておこう!!^^

提供:PINGOO!

Author:MIZUHO1971
フリースタイルライフ02(FSL02) ブログ

今日も元気にフリースタイルライフ。おもしろきこともなき世を面白く。

from 編集長MIZUHO
           ⇒ プロフィール

FSL02 WEB : http://www.freestyle-life.net/

FSL02公式ツイッター

興味があればフォローしよう!!
興味がなくてもフォローしよう!笑

FSLにはげましのメールを送ろう!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。